スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ニンテンドースイッチでリリースされる『Earth Atlantis』に対し、原案は2003年に遡り、制作に着手したが破棄され、時代が追いついたとしている記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチでリリースされる『Earth Atlantis』に対し、原案は2003年に遡り、制作に着手したが破棄され、時代が追いついたとしている記事が掲載中。14年越しというものですね。









Earth AtlantisのリードデザイナーAnucha Aribarg氏が語っているところによると、私はこのゲームの草案を2003年に思い描いて、未来的な潜水艦とメカニックの生みのモンスターをランダムにスケッチして、数年後、スケッチのアートスタイルのレトロシューティングを考えていて、当時それを手書き風に出来ると思い、アニメーションテストした際、そのようなゲームを作るのは不可能だったとして、プロジェクトは一時破棄され、その後数年が立って、私はプリレンダリングされたCGグラフィックを扱い、プロジェクトを復活させようとしたが、見た目は完璧になったものの、データはモバイルでは特に大きく、暗礁に乗り上げ、2年前になって、私がUnityで遊びで始めたとき、低ポリゴンの3Dモデルと描写スタイルにおけるシェーダーで実現が可能ではないかとわかって、私のチームは数ヶ月に渡って、多くのプロジェクトとカスタムシェーダーの作業を費やし、今、製品の最終段階に入っていて、それは非常に長い旅だったとしています。


・・・と実現にはかなりの時間と労力を投じたものになっているものですね。14年越しに思い描いたゲームが生み出されるという事で、技術がゲームに追いついたものといえそうで、タイミングがちょうど今の時代にマッチしたんですね。


関連リンク

| [ゲーム]任天堂関連記事 | 12時18分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スポンサードリンク


 















非公開コメント

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/tb.php/49581-8b726521

PREV | PAGE-SELECT | NEXT