ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

グランディア4を制作する気がないのであれば、実質ガンホーな今のゲームアーツは外注に出してソフトを作らせて欲しいとしたコラム記事(リライト記事)



グランディア4を制作する気がないのであれば、実質ガンホーな今のゲームアーツは外注に出してソフトを作らせて欲しいとしたコラム記事(リライト記事)PS2で3が出て以来ですからねぇ・・・


ゲームアーツの看板タイトルだった『グランディア』は元々セガサターン向け超大作RPGとして制作され、そのクオリティの高さから一躍人気作品としての地位を築き、セガサターンで50万本以上、後にPS1に移植されてこちらでも50万本売れる大ヒット作品になります。

冒険心溢れる世界観と設定、そして温かみのある緻密なグラフィックをテクスチャーで再現して、職人芸なゲームつくりを見せていて、ゲームアーツの存在感が光る1本に仕上がっていました。その後2000年にドリームキャスト2でグランディア2がリリース、こちらはかなりお金がかかったらしく、テクスチャーなどはちょっとCGっぽくなっていましたが、ゲームのクオリティはキープしていたものの、ドリームキャスト自体が普及があまりしていなかったために20万本どまりとなり、ゲームアーツがその後PS2に移植することになります。

それ以前にPS2にはオリジナルとなるグランディアエクストリームを発売、バトルの楽しさを追及した独自作品で、ゲームそのものを遊ぶというコンセプトで楽しめたものでしたね。こちらもスマッシュヒットしたんですが、PS2のグランディア2の移植版はあまり売れずに終わってしまいます。

その後ガンボーの子会社になった直後にPS2でリリースしたグランディア3はゲームアーツが最新ゲームエンジンを作成、グラフィックの強化と今風のゲームを目指して制作され、売れゆきも35万本のヒットとなったものの、主にバトルシーンの調整に問題があって、その後ユーザーから不満が寄せられる形になってしまい、ここから停滞する事になります。

その後ガンホーがグランディアオンラインを企画して、ゲームアーツが制作となった訳ですが、ここでガンホーの社長の介入があり、作っていたものを全面的に一新、作り直す事態に陥ります。その後、グランディアオンラインが正式サービス開始したんですが後に終了して、完全な音信不通状態に陥ります。

その間にゲームアーツはどんどんと社員が離脱、会社そのものが弱体化していき、ついには宮路社長までもが会社を去るという異常事態になって、ゲームアーツは完全に空中分解してしまいます。1985年に大学時代に作った老舗ゲームアーツはある意味事実上の終焉を意味していて、その後は版権を取り扱う程度の会社になってしまっているので、グランディアをこのまま死なせたくなければ、ゲームアーツは今は30人しか在籍していないため、(以前は10数名まで減っていた)グランディア4をPS4やニンテンドースイッチで作るのは不可能でしょう。

それならば、どこか有力なデベロッパーに委託して、制作を任せる形でブランドの存続を考えたほうがいいと思います。長年のファンもいるし、セガファンだった人にも思いいれがある作品なので、オンラインゲームばかりに注力せず、ゲームアーツはガンボーではないので、その辺は区別して欲しいですし、そういう活用方法もコナミのボンバーマンのようなアプローチを示してもらいたいものだと願うばかりです。


グランディア1&2も無事海外では出たものの、その後音信不通になり、日本での発売の見通しが経っておらず、ガンホーは本当に出す気があるのかというのが見え隠れしていますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment