スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『発表以来音沙汰がない、セガ『デイトナUSA3』はゲーセン版だけでなく、コンシューマ版もリリースして欲しいというコラム記事』が掲載中。

発表以来音沙汰がない、セガ『デイトナUSA3』はゲーセン版だけでなく、コンシューマ版もリリースして欲しいというコラム記事が掲載中。あれからどうしているのか?というものですね。









昨年の11月に発表になったセガ『デイトナUSA3』は多くのセガファンから驚きをもって迎えられ、主にゲーセン向けとして、海外でも通用する作品として作られているらしいものであって、ファーストムービーも公開された中、90年代の懐かしいテイストを守りつつ、今風に作り変えたものを目指している作風に感じましたね。セガ系では以前にも90年代の雰囲気を持ったレースゲームを海外デベロッパーで作っていた実績があったので、それがうまくいったのか、それともその次に展開する上で浮上したのがデイトナだったのかもしれないですね。セガ的には1は大成功、2は大失敗として、2はセガのコンシューマゲーム機にも一切移植されず、ある意味幻のゲームとなっていますよね。世界観がファンタジーだったり恐竜が出てきたりしていたみたいですが、それがゲーム性にマッチしていたのかどうか?といえそうです。少なくともアメリカでの成果はなかったみたいで、3は1の頃に立ち返った作品になりそうですが、制作しているのはセガ社内ではないと断言出来るだけに、どこが携わっているのか?といえそうです。でもこうした動きはセガは封印していただけに、しばらくぶりの復活劇となりそうで、まずはゲーセン向けとして海外、そして出来れば日本でも出して欲しいところですね。日本では頭文字Dのレースゲー1本に絞って展開しているセガですが、ゲーセンで復帰させる気があればうれしいところです。そして、やっぱり気になるコンシューマー版の行方もあって、配信タイトルになるのか、それともパッケージ版になるのかわからないですが、早くも期待している人はいるでしょうね。セガはセガラリーを事実上放棄してしまっているので、もう1本の柱だったデイトナをうまく扱って、単発で終わらないように、とりあえずクオリティのいいものに期待しつつ、往年のセガファンも納得するゲームにして欲しいです。ひょっとして光吉氏がまたデイトナUSAの歌を歌うとかそういう話になっていればファンも盛り上りますが、そういう話はないのか?といえそう。

| [ゲーム]セガ系関連記事 | 21時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スポンサードリンク


 















非公開コメント

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/tb.php/49570-404da2e4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT