スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『XBOXOneScorpioは499ドルで発売されるのが理想的ではないか?というコラム記事』が掲載中。

XBOXOneScorpioは499ドルで発売されるのが理想的ではないか?というコラム記事が掲載中。搭載しているものやスペックから決して安いハードではないので、これでも採算があうかどうか?









今年のホリデーに満を持して発売される上位機種XBOXOneScorpioは、スペックが一部公開になり、その高いパフォーマンスから、搭載されているチップやGDDR5メモリーが12GBなど、開発者の声を聞いて、ESRAMなども排除するなどフレンドリーなハードを目指した結果、より作りやすく、ハイパワーなハード構成に仕上がり、XBOXOneとの互換性を保った上での実現となり、真の4kを実現するという意気込みどおりの設計になっていて、対応作品も噂では着実に動いているらしく、それらがE32017では発売日や価格は発表されるかという中、一番の関心事の値段がいくらになるのかという点であり、希望的観測から見て、499ドルが理想的ではないかと思います。高すぎるだろうという声もあると思いますが、スペックを考えるとPCでこの構成で組むと相当な額がしますから、これでも安いくらいだと思います。果たしてマイクロソフトがライバルでもあるPS4PROとの比較対象をした際、勝負できるスペックと値段という意味合いが強くなるので、ターゲット層はPS4PROでしょう。ソニーもPS4PRO増産しても売れている状況なので、マイクロソフトもそのシェアを奪いたいと考えているでしょうから、採算ラインギリギリの値段設定にしてくるはずなので、標準のPS4やXBOXOneでは満足しきれないゲーマー、又は既存のコンソール機という選択肢でハイエンド機としてみなした、よりよいパフォーマンスを期待して購入するゲーマーがターゲットになるので、爆発的な売れ行きは余り期待は出来ないと思いますが、4kTVの普及がどこまで進むかなどまだ未知数面もあって、日本では2020年の東京オリンピックの頃を目処に4k放送を開始するとしていますが、HDTVで満足しているユーザーが未だ多いので、やっぱりハードコアゲーマーが中心の商品となるのは間違いなく、標準になりえるのは現行機に取って代わらないでしょう。それだけに、マイクロソフトがどこまで本腰を入れて、そして期待が大きいのかというのがあって、XBOXOne全体を通しての判断がどんなものになっているか注目です。


| [ゲーム]マイクロソフト関連記事 | 11時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スポンサードリンク


 















非公開コメント

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/tb.php/49197-95255361

PREV | PAGE-SELECT | NEXT