ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『元ファミ通編集長の浜村氏、ニンテンドースイッチは一家に1台ではなく、1人1台になるかもしれず、1000万台を超えると予想している記事』が掲載中。

元ファミ通編集長の浜村氏、ニンテンドースイッチは一家に1台ではなく、1人1台になるかもしれず、1000万台を超えると予想している記事が掲載中。ポータブル機と考えればありえなくもない話ではありますが・・・






●Nintendo Switchのスタートダッシュが成功した理由

2017年3月3日に発売され、3月末までの累計販売台数が52万4371台となったNintendo Switch。海外のゲームショップGameStopでの先行予約が120万台を突破し、発売後も国内外で売り切れが続出している任天堂の最新据え置き型ゲーム機だが、浜村代表は、好調なローンチ状況について、セールスに当たって任天堂が実施した施策からその理由を分析した。

B to B向けに効果的だったと思われる施策としては、(1)UnityやUnreal Engineなど、各種ゲームエンジンに早くから対応したこと、(2)Nintendo Developer Portalなどの立ち上げなどでインディーゲームに門戸を開いたことをピックアップ。課題であった任天堂以外のソフトラインアップの拡充につながったと分析。

一方のB to C向けの施策としては、(1)1年間のソフトラインアップについて発売時期を含めて明示したこと、(2)初めての体験をともなう、新機能を搭載したこと、(3)2017年1月13日のプレゼンでは、開発責任者の高橋伸也氏と小泉歓晃氏が登壇するなど、プロモーションにおいて世代交代が印象付けられたことや、わかりやすいメッセージが提示されたことなどを挙げた。加えて、プロモーションではSNSでの拡散を意識しつつ、安心して本体を購入できる環境を整えられたことをスタートダッシュの成功理由とした。

質疑応答では、質問者からNintendo Switch普及の展望について私見を求められた浜村代表は、「Nintendo Switchは据え置き型ゲーム機でありながら、携帯ゲーム機の良いとこ取りをしたハード。一家に1台ではなく、一人1台になるかもしれない」とし、このまま好調が続けば、「前世代で据え置きハード市場の上限となった1000万台を超えるポテンシャルを秘めている」という考えを明らかにした。


・・・と1人1台という発言はなかなか難しい部分ですね。値段も高いですし、ドックがあるだけHDTVもセットという意味合いもあって、その辺の妙がどうなるかというもので、携帯機版がでるならば可能性は大ですが、現状は据え置き機という立場ですしどうか?といえそう。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

2 Comments

ゲーム情報さん  

やばいフラグ建てまくる、もう現場の人間でもないおっちゃんはマジで黙っててほしい。

2017/04/21 (Fri) 09:19 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

自分の予想に届かなければ期待より売れませんでしたねっていう仕込みでしょうね。

発売前になんて言ってたっけ?
ポジティブなこと言ってた覚えないけどなあ。

2017/04/21 (Fri) 13:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサードリンク

スポンサードリンク