ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『海外サイトPUSH、昨日放送のニンテンドーダイレクトを見て、クールに感じたとしている記事』が掲載中。

海外サイトPUSH、昨日放送のニンテンドーダイレクトを見て、クールに感じたとしている記事が掲載中。元々PSサイト運営をしているところなので、どういう感想になっているのかというものでしょうね。






海外サイトPUSHが、ニンテンドーダイレクトを見て、クールだったとして、今までにはそのように感じた事は全くなかったが、リニューアルした事によって、コミュニティ感覚が生まれて、新しいゲームや発売日、amiiboや周辺機器に至るまで、ストリームの内容に全て触れ、任天堂は来るべき四半期におけるファンに重点をおいていて、主にハードコア任天堂ファンが30分間に渡り、ティーンエイジと一緒になったことで、ニュースは厚くて早く、ユーザーは理解して、そのプレゼンテーションの内容をソニーは何故似たようなことが出来ないのか?と感じたとしており、今後アンチャーテッドロストレガシーやワイプアウトオメガコレクションなどがあるが、プレイステーションはニンテンドーダイレクトと全く同じ目的を、別のやり方で提供している事がわかり、ウェブサイトがファンをターゲットにして、ソニーが最も関心のあるユーザーベースの情報をやり取りするために公式フォーラムとして機能して、サードパーティーが今後のゲームを宣伝する場としても機能して、それはニンテンドーダイレクトが好むものであって、私はオフィシャルプレイステーションブログが大好きで、録画されたニンテンドーダイレクトと比較すれば、1つの大きなインフォマーシャルのために一緒に集まるアイディアには本当にうっとりするとしています。


・・・としていて、ニンテンドーダイレクトの方法はアイディアそのものはいいものだとしているようですね。ただしPSには違う手段で情報を伝達しており、同じ役目を担っているオフィシャルPSブログが存在していて、それに同じ効果があると指摘していて、アプローチ方法が違うものですね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク

スポンサードリンク