スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『NEOGEOポケットカラーで出ていた『Pocket Rumble』が何故スイッチでそのままの移植を実現させているのか?という記事』が掲載中。

NEOGEOポケットカラーで出ていた『Pocket Rumble』が何故スイッチでそのままの移植を実現させているのか?という記事が掲載中。操作性などのことについても触れていますね。









ニンテンドースイッチでリリースされる『Pocket Rumble』が何故NEOGEOポケットカラーのように設計されているのか?という問いについて触れていて、NEOGEOポケットカラーは2つのボタンがあって、それしかないため、ポータブルであるのにもかかわらず、アーケードゲームに近い複雑なバトルゲームを手に入れたとしていて、2つしかないボタンで、6つのボタンがあったストリートファイター2のようなゲームを生みだす魔法があったとして、また、スプライトの解像度はかなり小さいもので、表現力が限られている中で、小さな解像度で微妙なニュアンスを伝えるのは難しかったとしており、それには絶対的な価値があり、NEOGEOの美学があって、ゲームがうまく補完しているものだったとして、コアなゲームプレイに焦点を当てたものになっているとしています。


・・・としていて、シンプルにゲーム性で勝負した作品になっているとしていますね。当時NEOGEOポケットを持っていた人には懐かしい作品のように感じられる一品で、どれだけの人が琴線にひっかかるかというものですね。


関連リンク

| [ゲーム]任天堂関連記事 | 18時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スポンサードリンク


 















非公開コメント

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/tb.php/49070-9f4320ee

PREV | PAGE-SELECT | NEXT