ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『コナミの名作ゲーム『がんばれゴエモン』は出す気がないなら版権をどこかに譲って欲しいというコラム記事』が掲載中。

コナミの名作ゲーム『がんばれゴエモン』は出す気がないなら版権をどこかに譲って欲しいというコラム記事が掲載中。ファミコン版、スーファミ版で遊んだ立場の人が違いますが、名作だったですね。






コナミの名作ゲーム『がんばれゴエモン』はコナミは開発者募集!の広告を出した際にもその存在を示していなかったことから、制作はほぼ絶望的な中、コナミの主張としては、ゴエモン=盗賊という事でゲーム化するのはやめたというのが説としてある中、だったらM2やその他新進気鋭のメーカーに版権を譲って欲しいと思います。発端はファミコン時代で初の2Mビットで1986年に発売になったもので、ゲームボリュームや遊びやすさ、そしてバラエティに富んだステージ構成と難解な3D迷路といろいろと凝縮されたもので、ファミコン版を遊んだ人も思い出深いのではないでしょうか。一方、スーファミ版で出たゴエモンはトッピュー画面とサイド画面に別れていて、スーファミの中でも初期の作品でここまで書き込まれたグラフィックは素晴らしく、そして今でも通用するゲーム性と遊びやすさは(やや難易度は高いものの)未だにVCなどでファンが多いのもうなづける完成度の高さで黄金時代のコナミを象徴する作品とみなして間違いないと思います。この頃のゴエモンに立ち返って新しい新作を遊んでみたいと思うファンも多いでしょうし、コナミもゴエモンを今風にしたPS『真打参上!』で失敗してもう放棄してしまった感が大きいので、コナミも思い残す事はないでしょう。以前コナミに対してはグラディウスでも同じ事を書いたんですが、コナミの名作が懐かしまれ、楽しまれ、語られているものの、それっきりというものであって、新作として新しいものや続きが見たいという人たちは意外と多いのではないかと思います。2Dゲームの名作はいろいろあれど、ファミコンで100万本、スーファミでもシリーズ化され、キャラクターが1本立ちした感がありましたが、その路線もなかなかよかったですよね。特に低年齢層にもウケていた作品だったので、一方的な理由でストップしてしまったのはカプコンのロックマンにも通じるものがあり、こうしたIPの開放を願いたいところですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク

スポンサードリンク