ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『ソニーとマイクロソフトがPSとXBOXで戦ってきた中、PS4PROとXBOXOneScorpioは競合しないと指摘している記事』が掲載中。

ソニーとマイクロソフトがPSとXBOXで戦ってきた中、PS4PROとXBOXOneScorpioは競合しないと指摘している記事が掲載中。一体どんな根拠でそういう理論になったのか?といえますね。






ソニーとマイクロソフトがPSとXBOXで戦ってきた中、PS4PROとXBOXOneScorpioは競合しないと指摘して、これら2つの新しいユニットの市場価値において、元のPS4とXBOXOneの時とは違い、グラフィックスをサポートする4kTVを持っていて、その余裕がある人限定になるために、購入する人は限られるとしていて、両方のコンソールとも、4kグラフィックスと1TBのメモリを生成できるサイズのマシンを作成する事は素晴らしい成果であって、ビデオゲームは贅沢だが、新しいコンソールは特に高級感を与え、4kグラフィックスの許容において、通常のテレビでは実現しない事を意味しているので、また、オリジナルのPS4やXBOXOne本体と比べた場合、その必要性が限定されており、それはコンソール市場の一部に過ぎず、フォーカスされる部分は常に価値のある限定されたゲームであり、ソニーとマイクロソフトのラインナップでは、Horizo​​n Zero Dawnと仁王が競争相手に対し、絶賛されたソフトで、また、XBOXにおいては、Scaleboundのキャンセルで苦しんで、今年はまだ始まったばかりなので、これら2つのハードと共に任天堂ハードも含めて店頭でそろい踏みになるものだとしています。



・・・としていて、限定性があるハードなので、位置づけ的には競合というより選択肢の1つという意味合いでしょうね。4kTVなどを率先して手に入れている人をターゲットにして、PCゲーマーなどの流れの中の一部ユーザーという意味合いがありそうで、普通のHDTVでも解像度が上がったりPS4PROのブーストモードなどで恩恵を受けますが、やっぱりPS4本体の29800円のほうがありがたみを感じると思える人と4万4800円払うだけの価値があると判断する人で売り上げ的に見て前者が上回っていますね。


関連リンク

 [ゲーム]PS4&XBOXOne関連記事

0 Comments

Leave a comment