ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『マイクロソフトは今後『XBOXTWO』を理論上まだ望んでいないだろうとしている記事』が掲載中。

マイクロソフトは今後『XBOXTWO』を理論上まだ望んでいないだろうとしている記事が掲載中。XBOXOneスコーピオを出しますが、このハードがどういった役目を果たすのか?といえそう。






マイクロソフトが現状に対し、次世代機となる『XBOXTWO』をリリースしたいとは思っていないだろうとした上で、見通しは荒涼とする不確実さがある中、いくつかの点では、XBOXOneゲームの安定性や下位互換性などのサービスが比較的高価なPSNowストリーミングサービスと比べて優位に立ちXBOX360のカタログを作っていて、しかし、Scaleboundのキャンセルは排他的ゲームが又犠牲に鳴ったことを意味していて、独占という意味では2月のHALOWars2や、Crackdown 3が今年後半に控えており、そして、XBOXOne独占ゲーはウィンドウズPCにもリリースされ、XBOX計画の戦略や予測をする際重要であって、今年のホリデーには6TFOLPSのXBOXOneScorpioが予定されているので、私は主要なハードウェアリリースの世代的スタイルから離れたいと考えているだろうとしており、ソニーがPS4PROでリフレッシュしているのも事実だが、私の考えでは、世代を延長して、必然的にPS5の前により多くの利益と成功を狙う動機がありそうで、マイクロソフトとしても、それら戦略に従っているため『XBOXTWO』は当面リリースしたいとは思っていないだろうとしています。



・・・としていて、世代間を埋めるハードがPS4PROとXBOXOneスコーピオにはあると思われるので、その辺がどういう売り上げを伸ばして、そして補完的役目を果たしていくのか?というのが見所になりそうですが、PS4やXBOXOne~主役の座を奪うまでのものではないでしょうから、その辺のライブラリー的な位置づけでの展開というハードになりそうですよね。


関連リンク

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

0 Comments

Leave a comment