ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『JCASTニュース、ニンテンドースイッチの人気の背景には期待値が低かったからという記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチの人気の背景には期待値が低かったからというJCASTニュース記事が掲載中。どういう理屈を立てているのか?というものになってきそうなものですね。






従来路線の延長線上か

スイッチは、「Wii(ウィー)」のように家庭用テレビにつなげて大きな画面で遊ぶ「据え置き型」である半面、「DS」のように持ち運んで遊べる「携帯型」でもある。スイッチの本体は米アップルの「iPad」のようなタブレット端末で、コントローラーが別途ある。本体とコントローラーのコンビを持っていれば、外出時でも遊べるというわけだ。価格は税別2万9980円。2015年に55歳の若さで病死した岩田聡・元社長を中心に開発をスタートさせ、岩田氏の死後も遺志を引き継ぐ形でつくりあげた。2015年に「開発中」と公表された当初は「NX」という開発コード以外の詳細が不明だったため、期待感が醸成されていった。

ただ、徐々に詳細が明らかになってくると過剰な期待はしぼんだ。ポケモンGOのように世界中を驚かせる画期的なゲームというよりは、「Wii」をバージョンアップさせ、コントローラーに画面がついた「Wii U」を連想させる。従来路線の延長線上に位置すると言えなくもないからだ。しかも、年明け1月13日に発表された価格は、従来の任天堂のゲームより高い設定で、ソニーの「プレイステーション4」(廉価版)に匹敵する。任天堂の株価は2016年末に配信が始まったスマートフォン向けゲーム「スーパーマリオラン」が期待通りの人気とはならなかったことから軟調だったが、それに拍車をかけることになった。
足元の株価に好影響

というわけで、期待値が低かったことが足元の株価には好影響を与えたようだ。ゲーム情報誌「ファミ通」は3月7日、スイッチの発売後3日間の国内販売台数(推定)が33万台を超えたと発表した。「Wii U」は発売後2日間で31万台を販売しており、同程度の勢いとみられている。現象面としても3月3日の発売初日には各地の量販店で行列ができており、人気は底堅そうだ。欧米市場でも国内同様、もしくはそれを上回るヒットのようだ。任天堂はスイッチを3月末までに世界で200万台出荷する計画だが、意外に盛り上がる人気のため予約を打ち切る小売店が続出しており、増産も検討している。株価は発売前日の3月2日(終値)2万2875円から、3月13日(同)には2万5000円へと、7営業日で9.3%も上昇した。

ハードとソフト両面で販売する点もスイッチが従来機の延長線上にあることを示す。ソフトは当初、「ゼルダの伝説」シリーズを投入し、「スーパーマリオ」のような安定的な人気を誇るソフトを年末までに分散して発売する。年末に向けて世界で販売がどこまで伸びるかが、今後の株価に影響しそうだ。


・・・と話的には本末転倒で、スイッチを従来型の延長線上と書いて、株価ばかり気にしているダメダメ記事の見本のようなものですね。この程度の記事なら自分でも書けます。スーパーマリオランとニンテンドースイッチをなぜか同一視していたりと誰に向けて発信しているのか?というものになっていますよね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

2 Comments

ゲーム情報さん  

まあ、世界で年度末までに200万台ってのは
明らかに任天堂内部でも期待値が低かったは否めないが
スマホ事業とCS事業を同じゲームだからとごっちゃにして
株価で話をするのは如何にも解ってないって感じですわな

2017/03/20 (Mon) 17:37 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

No title

3月末までに200万台だった気がするけど十分期待値あるような

2017/03/20 (Mon) 18:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク