スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ニンテンドースイッチはスマホ社会と共存できるかにかかっているというジャーナリスト記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチはスマホ社会と共存できるかにかかっているというジャーナリスト記事が掲載中。wiiUの頃からそうですが、任天堂にだけスマホとの比較がやたらされるものですね。









ニンテンドースイッチの国内販売台数は発売後3日間で約33万台にのぼった(ファミ通調べ)が、前世代ゲーム機「WiiU」も同程度の滑り出しで、数字自体の意味は乏しい。ポイントはスマホ中心社会の中で、ゲーム機がスマホと共存できるかにある。「スマホもいいけど、テレビゲームもおもしろいよね」と言ってもらえるかが重要なのだ。

“答え”の一つは、ゲーム機のアーキテクチャ(設計思想)にあるかもしれない。家庭用ゲーム機の多くはPCの設計思想を受け継いでいるが、ニンテンドースイッチは携帯ゲーム機やスマホで主流のアーキテクチャを採用している。そのため4Kテレビ対応を進めるライバル機に比べてパワー不足は否めないが、スマホゲームの移植には親和性が高い。さらに多彩なセンサーを内蔵した「Joy-Con(ジョイコン)」を使えば、スマホにないゲームを生み出してうまく差別化できる可能性もある。

もっともスマホと共存できるか否かは、これからのソフトウエア次第だ。

本体と同時に発売された任天堂が出した2本のタイトルは“答え”とは言いがたい。人気の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は、もともとWiiU向けに開発されていたもの。「ワンツースイッチ」はジョイコンの機能を生かしたソフトだが、「Wiiスポーツ」のようなインパクトには欠ける。


・・・としていて、やっぱりスマホからシェアを獲得する意味合いという論調になっていて、一般人の取り込みという姿勢ではないんですよね。たしかにwiiユーザーはスマホに流れましたが、それとは別の市場を作るという姿勢がスイッチにはあって、それを歓迎する世界的な流れになっているので、スマホから市場を奪うというのはニュアンスが違う気がしますね。


関連リンク

| [ゲーム]任天堂関連記事 | 16時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

スポンサードリンク


 















非公開コメント

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/tb.php/48525-d058ce7e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT