ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『ベセスダが『Elder Scrolls 6』は長い道のりで、他のプロジェクトに力を注ぐ事に決めたようだとしている記事』が掲載中。

ベセスダが『Elder Scrolls 6』は長い道のりで、他のプロジェクトに力を注ぐ事に決めたようだとしている記事が掲載中。その内訳として新規IPもあるだろうとしていて、今後の動向が注目ですね。






ベセスダが『Elder Scrolls 6』は長い道のりで、他のプロジェクトに力を注ぐ事に決めたようだとして、その内訳として新規IPもあるだろうとしていて、推測として流れてるものとしては、ベセスダがスカイリムの続編はPS4とXBOXOneの終わりごろにリリースされるだろうとしており、たくさんの議論があって、メタルギア5やアサシンクリード4のようにPS3&XBOX360とPS4&XBOXOneで登場した作品で、パフォーマンスの低下を除き、両方の経験は両方のシステムで同じであって、ベセスダが『Elder Scrolls 6』において、オープンワールドの境界線を押し上げてきた作品として、最も大規模なものになるはずであり、PS4とXBOXOneをスキップして次世代に焦点を当てる可能性もあるとしています。


・・・としていて、信憑性は未知数としていて、少なくとも数年はでない事は確定したっぽいですよね。その間新規IPなどがでるであろうとしており、制作はされているものの、大幅に遅れそうだと示唆していますね。PS5の時代になるのかどうか?といえそう。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

0 Comments

Leave a comment