ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報を紹介しています。

スポンサードリンク


『ニンテンドースイッチがソフトの装着率がwiiUの頃より低いと原因を探る記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチがソフトの装着率がwiiUの頃より低いと原因を探る記事が掲載中。これはいわれていたことでしたが、その大きな理由を指摘していて、納得といえそうなものですね。






ニンテンドースイッチがソフトの装着率がwiiUの頃より低いと原因を探るとしていて、本体が32万9000台売れた中で、ソフトタイレシオが1.07であり、wiiUの1.22を下回っていて、スイッチ全体のソフトの売れ行きは35万1000本で、その理由としてサードパーティーソフトの違いがあって、wiiUの頃にはキラーソフトでもあるモンスターハンター3アルティメイトがあり、ロンチで10万6000本売れ、サードパーティーの占める割合はwiiUでは40%だったが、スイッチでは25%に下落しており、特にいけにけと雪のセツナが22位、ディスガイア5が26位、信長の野望が44位というランキングが主な要因だとしています。


・・・としていて、wiiUの時は32本が集結したロンチになって、さらにモンハンもあったとして、その違いが如実に明らかになっているものですよね。コアゲームもいろいろ移植されたものの時期が古く、旬をとっくに過ぎてるものだったので売り上げが不振でしたが、スイッチの場合、体験した事ないPS系のソフトが移植されているので、まだ需要は今後もありそうですよね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク