ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『ニンテンドースイッチが成功したとみなす数字は2500万台を超えてからだろうした海外記事』が掲載中。

ニンテンドースイッチが成功したとみなす数字は2500万台を超えてからだろうした海外記事が掲載中。2500万台が分岐点になるとしており、それが標準的な価値感で見られると主張したもの。


ファンとして、ビデオコンソールを定義する上で、実際にはやや難しいプロセスであり、個人が様々な方法で成功を定義できることにあり、コンソールが常時好きなゲームを特集していれば、それは成功と考えるかも知れず、ゲームで提供した時間が長ければ、それで成功を考える人もいるかもしれないとした上で、業界としての見方はソニーのプレイステーションが1億1000万台以上売れて、セガのドリームキャストは1000万台の売れ行きであり、それは失敗だったとして、これが成功と失敗を解釈する冷たい方法に聴こえる場合、革新性、品質、個人的な記録を考慮に入れず、それはコンソールレースの勝者を決定付けるため、唯一信頼出切る基準で、任天堂のスイッチの場合、成功の数としては2500万台だろうとしていて、2500万台がなぜ重要なのかといえば、任天堂が近年苦労している数字だからであって、wiiUは1350万台を販売したが、ゲームキューブは2200万台だったとして、その中でwiiは1億台売ったが、それはコンセプトとタイミングが完璧だったためであり、成功を定義する現実的な目標はなかったとしており、またXBOXとXBOXOneSの組み合わせは現在2600万台で販売されていて、これらコンソールはマルチメディア機能により、主流の魅力があるはずで、それでも現在のコンソール戦争では低い数字であり、しかし任天堂やマイクロソフトは、競争相手として十分に証明しようとしている会社であり、歴史上成功したハードでもある市場競争相手は2500万台で、XBOXやニンテンドー64はその上にあり、サターンとマスターシステムはその下だったとして、任天堂が2500万台を指し示した場合、wiiUのインストールベースを倍増させ、競合他社と同等の立場に立つ事ができたと述べる事ができるろうとしています。


・・・と2500万台にこだわる記事になっていますね。それだけ大事だと主張したいみたいですね。まずは1000万台、その次は2000万台と地道に売れ続けなければならず、ひとっとびに2500万台になる訳ではないですから、その辺が問われるものですね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment