ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『任天堂は財政的に健全であるために、他の企業と違い、減速の兆候がないとして、任天堂の未来はどうなっているか?と指摘した記事』が掲載中。

任天堂は財政的に健全であるために、他の企業と違い、減速の兆候がないとして、任天堂の未来はどうなっているか?と指摘した記事が掲載中。wiiUが足を引っ張っても赤字にはならなかったですね。






任天堂は財政的に健全であるために、他の企業と違い、減速の兆候がないとして、任天堂の未来はどうなっているか?と指摘していて、今現時点で新しい本社ビルを建設して、新しいスタッフをかなり安定したペースで採用、スイッチの成功に全面的に依存している訳でもなく、任天堂はビデオゲームメーカーでもあり、ハードウェアメーカーだが、それに専念して部署があり、モバイルゲームを作っているどのチームよりも大きい可能性があり、任天堂にはビデオゲームのハードウェア固有のゲームを作成するために数十のビデオゲームスタジオが用意されていて、これらのスタジオの開発を、携帯電話に再配置する事も、完全なマルチプラットフォームにすることも出来るが、誰も望んでおらず、任天堂も望んでいないとしています。家庭用コンソールは現実として陳腐化しており、PS4の売れ行きは1億台に届きそうだが、最後の世代ではwiiは1億台、XBOX360とPS3は共に8000万台が売れて、DSは1億5000万台だったとして、それと比較した場合、スマートデバイスに走ったカジュアルゲーマーの間でコンソール機の売り上げが減少しただけではなく、wiiUと3DSの沈静化をもたらし、wiiUが1350万台で、XBOXOneが2800万台、PS4は現時点で5170万台、3DSは6100万台、PSVITAは1500万台であり、基本的に前の世代のコンソールの数字に達せず、2億5000万台だった複合ハードウェアの売り上げが約9400万台で、2倍にしても足りない数字であって、減少がいちぢるしいとしており、そんな中で船出するニンテンドースイッチは自宅でも外出先でもシームレスに遊べる事は、利便性がどれくらいかを示した後に、先の未来をより望ましく見えるものであり、ビデオゲーム特有のハードウェアは1つの企業だけが維持するニッチな形になりつるある中で、スイッチは多くの点でそれが正しい成功のチャンスを持つ大きな理由があり、任天堂は自分自身を1つのハードメーカーがその時までに最も関連性が高いと考え、スイッチは文字通りハードウェアの観点からビデオゲーム全体の重さを肩代わりさせる事を見せて、スイッチはゲームの枠にとらわれない、一般性に関連があるもので、ゲームで構成されたハードだが、スペックそのものはトップエンドの1%しか関心がなく、フォームファクタート利便性、適切な価格が大切だそうです。


・・・としていて、前世代機より大幅にハードの売り上げが下がっており、それはスマホなどの台頭にあり、PS4の1強時代というニッチな市場に突入仕様としている中で、ゲームという枠にとらわれないハードという意味ではwii以来のものであり、期待はさせてくれそう。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment