ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『明日発表のニンテンドースイッチが日本でトップをとることは出来るのかどうか?というコラム記事』が掲載中。

日本でニンテンドースイッチがトップをとることは出来るのかどうか?というコラム記事が掲載中。今トップをひた走るPS4は400万台リードしているのでそれを追いかける事になりますね。






日本でニンテンドースイッチがトップをとることが出来るか?という意味では、まず、明日の発表会で値段、ソフトラインナップ、そしてサプライズとそろってから初めて示せる部分も大きい中、それらが全て理想的にいった場合、特にサード作品が3DSからの移籍組みが多数見受けられたらなど、3DS需要の受け皿にもなれれば潜在的市場は大きなものになると思います。今回のニンテンドースイッチのハードは据え置き機&モバイルハードというハイブリット機なので、友達のうちに持ち寄ってプレイしたりする機会も生まれそうで、そうした構図も任天堂も思い描いているでしょう。任天堂といえば、重要な事としてオンライン無料という点があります。プレイステーションもPSプラスに入会すれば月500円程度でフリープレイなどの恩恵もありますが、任天堂は無料にこだわってきただけに、その辺の対応が問われ、特に低年齢層が買う上での重要な部分となりますね。間逆なのがXBOXOneであり、クレジットでのXBOXライブというリッチなサービスを受けられるものになっているので、その辺のバランスが問われるでしょうね。ニンテンドースイッチはかつてのwiiの時と同じ客層を狙うのは、今の時代スマホが普及してしまったため、それら人たちを引き入れるのは難しく、そのために任天堂自らスマホに参入してポケモンGO、Miitomo、そしてスーパーマリオランなどをDeNAと協力してサポートして存在感を高めていて、その施策や効果が試されるものになりますね。1月13日に発表して3月には発売という事でプロモーション時間はわずか2ヶ月間しかないだけに、それだけにどれだけのインパクトを明日残すのかで印象はかなり変わるでしょう。ニンテンドースイッチの場合、スマホからのお客さんも大事ですが、3DSユーザーの需要、そして、wiiUは敬遠したかつての任天堂ユーザーを取り込み、またゲームにちょっと距離間を置いていた人たちも巻き込めるか?というのが一番大きいと思います。ガッツリゲームをプレイしていた人はPS4のほうが分がいい面があるので、ニンテンドースイッチはもっと視野の広い意味でのシェア獲得が望まれるでしょう。PS4との競争ではあるものの、1000万台国内で売り切ればとりあえずTOPは見えてくるので、まずは継続した売れ行きと最初の1年目からが勝負であり、結果も早期に求められるでしょうね。始めの1歩は明日の発表会ですね。


 [ゲーム]任天堂関連記事

4 Comments

ゲーム情報さん  

少なくとも日本でトップをとらなければ世界では絶対に勝てないでしょうね

2017/01/12 (Thu) 22:00 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

日本でトップを取れないとさすがに厳しい面がありそうですよね。
海外では据え置き機が王様なだけに、それ以外の人たちにも注目
してもらうハードにならないとだめでしょうね。

2017/01/12 (Thu) 22:16 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

3DSは2年で1000万台売ってますからね
値段的にはこれ以上は難しそうだけど3年で1000万台は行けるんじゃないかと予想

2017/01/13 (Fri) 01:39 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

3年で1000万台なら上出来でしょうね。wiiUの頃のような孤立無援
に陥らなくて、3DSからのサードが集まればある程度の市場は
確保できそうですよね。

2017/01/13 (Fri) 04:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment