ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『wiiUは何故失速してしまったのか?と題した記事』が掲載中。

wiiUは何故失速してしまったのか?と題した記事が掲載中。できればもっと長く続けたかったのが正直なところですが、任天堂はバッサリと決断してニンテンドースイッチにバトンタッチしましたね。






Wii Uの失敗が見えてきたのは2013年が明けた直後でした。お正月商戦を終えてからは本体の売上が急落。発売から数年が経っていたPS3以下の売上になってしまい、一気に厳しくなってしまったんです。

何故、急に売れなくなってしまったのでしょうか?クリスマス・正月需要に強いハードだというのもあると思いますが、一番はソフトラインナップです。

ロンチタイトルはある程度数を揃えることは出来たものの、それ以降はさっぱりだったんですね。

頼みの任天堂からは3月まで1タイトルも発売する事が出来ず、当然、サードパーティーからも大きなタイトルはなし。

それ以降もなかなかタイトルを揃えられず、「ピクミン3」まで実に半年以上の空白期間を作ってしまいました。

何故、これだけの空白期間を作ってしまったのでしょうか?3DSの躓きで反省はしなかったのでしょうか?

原因は任天堂の開発ノウハウにありました。任天堂はずっとSD機で開発を続けており、HD機での開発はWii Uが初だったんです。

他のソフトメーカーが5年以上前から行っていたHDソフトの開発を今更行った関係で技術が追いつかず、予想以上に時間がかかってしまったんですね。

サードパーティを上手く取り込めなかった問題も大きいと思います。確かに初期にはいくつかの大作が発売になりましたが、そのほとんどがPS3/Xbox360とのマルチタイトルでした。

それではPS3/Xbox360版で満足されてしまい、Wii Uの強みを生かせません。本来ならWii U独自のタイトルを揃えるべきなんですが、HD機になって開発費が高騰し、また、Wiiで痛い目に遭った関係でどこのメーカーも様子見ムードで本気の作品を出せなかったんですね。

当然、様子見のような作品では売れずハズもなく、PS3/Xbox360とのマルチタイトルはいずれも不発。日本では人気が低いXbox360版の売上すらも超えられない作品も多数表れてしまいました。

結局、サードパーティは2年程度で撤退。それ以降はダウンロードタイトルやパーティゲームしか発売にならず、早くも任天堂頼みの状況となります。


・・・となっていて、wiiUでは任天堂機の弱点を露呈した形になってしまいましたね。これらをある程度克服した形でニンテンドースイッチは提携できているのか?というのが一番の関心事であって、wiiUは普及がストップしてしまいましたから、それがなく早期に1000万台を出荷できる体制を作りたいですよね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

来年度中に1000万台超えるかどうかが成功の目安でしょうね

2016/12/09 (Fri) 12:23 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

ニンテンドースイッチが同じ間違いを繰り返さないのは明らか
だと思うので、後はそれを後押しするサード作品がどれだけ
あるかにもかかっていますよね。

2016/12/09 (Fri) 12:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment