ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『SCE盛田氏に対し、PS4の今後のソフトラインナップに対する手ごたえをを伺っているインタビュー記事がアップ』が掲載中。

SCE盛田氏に対し、PS4の今後のソフトラインナップに対する手ごたえをを伺っているインタビュー記事がアップ、が掲載中。ソフトの弾がそろってきただけに、普及期にはいるのかどうか?






――タイトルラインナップが揃ってきたのと、PS4本体の値下げによって、今回は
そこに近づいてきているような感触でしょうか?

盛田氏:そういった意味でいうと、今回はどちらかと言うとファーストステップの方です。
タイトルが揃ってきたことは次に繋がるので流れとしてはその一環なのですが、PS3の
レベルまで早く持っていかなければいけないということに関しては、これだけタイトルが
揃って価格を下げたこのタイミングで、勝負ができる状況はこれで作れると思っています。
どのぐらいのスピードで達成できるのかというのはこれからの販売の勝負なので、
どうなるかはこれからの我々次第ではありますが、道筋は見えたと思っています。

ですが、もっと先のところは本当に簡単ではないので、ちゃんと継続的に粘り強く
メッセージを伝え続けていかなければいけないと思っています。今回のキャンペーン
やPS VRのようなゲームの次の可能性もセットで、しっかりと伝えていかなければ
なかなか達成はできないかなと思っています。

――PS3、そしてPS2を目指していくというのは販売台数を超えるということでしょうか?

盛田氏:そうなりますね。これからは、単純にPS4やPS Vitaの販売台数だけ
でなく、PS Networkのサービスを遊んでいる人、PlayStation Plus(以下、PS Plus)の
サービスを使っている人も全部含めての、トータルのPlayStationアクティブユーザー
の数が重要になってくると思いますが、一番我々が掴みやすい数字として販売台数
というのはすごく意識しています。


・・・と発表されたソフトと値下げで本体が動くか?というのが日本では特に大きく、
スマホに奪われた市場を奪還できるのか?という意味合いもあって、据え置き機が
どれだけ魅力的かをアピールする上でのチャレンジが続きますね。


関連リンク

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment