ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『海外サイト、ソニックがドリームキャストという家を失い、任天堂という住処を見つけたという記事がアップ』が掲載中。

海外サイト、ソニックがドリームキャストという家を失い、任天堂という住処を見つけたという記事がアップ、が掲載中。ソニックアドベンチャー2はGCでも海外で大ヒットしましたね。






90年代の誕生から、ソニックは圧倒的な人気をメガドライブで誇り、セガサターン時代には
なりを潜め、その後ドリームキャストでソニックアドベンチャーとして復活した際、
人気も一緒に高まった中、ソニックアドベンチャー2を発売後にドリームキャストの
製造中止が発表になり、途方にくれる中、2003年にソニックは家を見つけたとしていて、
その家とは任天堂プラットフォームのゲームキューブであり、かつてはマリオのライバルとして
誕生した経緯があるキャラクターが任天堂ハードに出るという新しい時代が始まり、
移植されたソニックアドベンチャー2ボトルは世界的大ヒットを記録、ソニックが受け入れられた
現実がそこにはあったとしています。



・・・とセガが任天堂を選択したのは大きかったですよね。ソニックヒーローズでは
トリプルマルチになってしまいますが、結果的に任天堂ハードが一番売れ行きが
よかったみたいで、そして今ではソニックロストワールド、ソニックトゥーンと
任天堂よりで新作が出ているので、この関係性は維持していきたいですよね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment