ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報を中心にお届けします。

スポンサードリンク

『桜井氏がファイティングゲームの定義について指摘している海外記事がアップ』が掲載中。

桜井氏がファイティングゲームの定義について指摘している海外記事がアップ、が掲載中。レースゲームなど、固定化されたジャンル選別に異論を唱えたものですね。






桜井氏がゲームジャンルの概念のあり方について言及していて、例えば格闘
ゲームの場合、固定化された概念が過去にはあった中で、4人のバトルロワイ
ヤル的ゲームの場合、通常の格闘ゲームとは異なるので、別の呼び方のほうが
ふさわしいとしていて、別のカテゴリーではアクションゲームやレースゲームなど
がある中で、ジャンルの定義からゲームについて入る事を意味しがちだが、クリ
エイティブな面で見ると、制限を自ら設ける事を意味しており、ジャンルそのもの
にとらわれず、概念的な即面から入るほうがアイディア自体を発展させることに
繋がるだろうとしています。


・・・としており、型にはまる事でゲーム性の飛躍を制限してしまいがちだと
のことですね。スマブラなどはアクションゲームという意味合いのほうが
強いので、1対1の格闘ゲームとは全く意味合いが違うものですしね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment