ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『任天堂の決算報告がアップされていて、岩田氏がQOLプロジェクト第1弾に『健康』を選んだ訳を解説している記事がアップ』が掲載中。

任天堂の決算報告がアップされていて、岩田氏がQOLプロジェクト第1弾に『健康』を選んだ訳を解説している記事がアップ、が掲載中。第1弾としていて、次があるのか?とも取れますね。






QOLプロジェクトの第1弾として「健康」をテーマに選んだ一番の理由は、健康に
興味をお持ちの方が非常に数多くいらっしゃるという事実です。世の中の皆様は
「こうした方がいい、ああした方がいい」と、健康にいいことを数多くご存知ですが、
みんな続けられず、それこそ3日でやめてしまうことがほとんどです。「これが
いいことは知っているけど、続けられない」と悩む方がいらっしゃるわけです。
「それは、大変過ぎるから続かない」というケースと、「何のフィードバックも返って
こない・ご褒美がないから続かない」という場合、そして「続けるきっかけやつ
ながりをつくってくれないから続かない」等、さまざまな理由がありますが、実は、
それら全てに対応可能なノウハウをビデオゲームは持っているのです。こんなに
社会にお役に立てるかもしれないノウハウが社内にゴロゴロと転がっていて、
任天堂の人間なら多くの人がそれを使いこなせるのに、「それは自分たちの仕事
ではない」と決めた瞬間に無関係になってしまうわけです。それを「自分たちが
やってもいい仕事だ」と理解することができれば、「任天堂という組織がアウト
プットできることがガラッと変わるかもしれない」、あるいは、「すごく面白い種を
持っているがどう使ったらいいか分からないという社外の人が持ち込んでくれる
会社に任天堂はなれるかもしれない」、ということです。


・・・としていて、選んだ訳を語っていますね。任天堂としても、この事業を通して
ゲーム機向けタイトル以外にも事業の展開をしていきたい意思があって、
昔は花札やトランプを作っていた中でTVゲーム事業にも発展したという例を
上げていますね。実際にはどこまでの規模になるか?は今後注目ですね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/20 (Fri) 15:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment