ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

【テイルズライク?】『12月11日発売PS3『シャイニングレゾナンス』ファーストインプレッション記事がアップ』が掲載中。

12月11日発売PS3『シャイニングレゾナンス』ファーストインプレッション記事がアップ、が掲載中。どんな感じのゲームか?となっていて、テイルズライクな雰囲気どおりかどうか?






シームレスで展開する軽快なアクションバトル

 本作の戦闘は,シームレスで展開するアクション性の高いシステムとなっている。
キャラクターがフィールド上を徘徊しているモンスターに触れると,画面が切り替わる
ことなく戦闘に突入。さっきまで移動していたフィールドが,そのまま円形に区切られた
戦場となってモンスターと戦うことになる。

 戦闘ではパーティの先頭に立つキャラクターだけを操作し,残りのメンバーは自動で
行動する仕組みだ。ユーマが豪快に大剣を振り回し,キリカは弓を射るといったように,
それぞれが個性的な技を繰り出していく。もちろん,戦闘中に操作キャラクターを切り替え
ることも可能だ。通常攻撃をコンボのようにつないだり,モンスターの攻撃をダッシュで
回避したり,モンスターの攻撃とタイミングを合わせてガードする「ジャストガード」を狙ったり
とアクションゲームのような楽しさがある。

 モンスターの攻撃モーションを見極めれば,空振りのスキに反撃して格上の相手
を倒すことも可能だ。たとえば大型モンスターのグリフォン戦では,ソニア以外のメンバー
が戦闘不能となってしまってゲームオーバーを覚悟した。しかし,ここからグリフォンが攻撃
するのを待ってから側面へ回り込み,通常攻撃で反撃を仕掛けるという戦い方を徹底する
ことで,なんとか勝利をつかむことができた。アクション性の高い本作ならではのジャイアント
キリングだろう。

 アクション性が高いとはいえ,対戦格闘ゲームやシューターのように数フレームが
勝敗を分けるというものではなく,難度は任意に変更できるのでアクションゲームが
苦手な人でも安心してほしい。 なによりアクションのレスポンスが良好で,大剣をブン回して
モンスターをなぎ倒すのが爽快だ。移動から戦闘,戦闘から移動への移行がシームレスで
どんどん戦闘したくなるため,いつの間にかマップ上のモンスターを倒し尽くしてしまったほど
である。

 戦闘はテンポ良く進むが,むやみやたらにボタンを連打すればいいというわけではない。
APやMPといったリソースを管理しつつ,敵を行動不能にする「ブレイク」を狙うことを意識する
と奥深い側面を見せてくれる。

 APは通常攻撃とブレイクアタック(特殊攻撃)を使うたびに減少し,攻撃を止めたり,
フォースを詠唱したりすることで回復する。一方,MPはフォースを使うと減少し,通常攻撃
やブレイクアタックをヒットさせると回復していく。つまり,AP(通常攻撃&ブレイクアタック)と
MP(フォース)は車の両輪のような関係であり,どちらかの攻撃だけでは効率的に戦えないのだ。

基本的に通常攻撃とブレイクアタックはコマンド入力から攻撃するまでの時間が短く,
フォースは詠唱が長いという特徴があり,それらを考慮して攻撃の組み合わせを考える
のが面白い。たとえば,ユーマのフォース「クエイカースマッシュ」は大剣を豪快に叩きつける
技で,攻撃するまでに時間がかかる。そこで通常攻撃からのブレイクアタックで敵を
行動不能に陥らせ,クエイカースマッシュで追撃すればスムーズに攻撃がつながると
いうわけだ。

 敵をブレイクアタックやフォースで攻撃すると「ブレイク値」が溜まっていく。これが一定
以上になると,敵を行動不能にするブレイクが発生し,集中攻撃のチャンスとなる。
 ブレイクしやすいタイミングは,ガード中やフォースの詠唱中といったようにモンスターに
よって異なり,とくにボス戦では重要な要素となっている。モンスターの行動を見極めながらの
戦いはスリリングで,実際,ブレイクに成功することで形勢をひっくり返したシーンが何度もあった。


仲間達との絆,暴走の恐怖,竜と心通わせる歌
ゲームプレイを通じて物語を体感できるシステム

 ユーマや仲間達との絆,ユーマに秘められた煌竜の恐ろしい力,竜と心を通わせる
聖なる歌。それらはシナリオ上だけに存在する要素ではなく,システムにおいても生かされて
おり,プレイヤーはゲームプレイを通じて物語を体感できるようになっている。

 ゲーム中のイベントや会話などの局面で,キャラクターの「パーソナリティ」を獲得する
ことがある。これはキャラクターの個性や特徴を表すもので,ユーマの場合は「竜の魂を継ぐ者」
「いたいけな少年」,ソニアは「アストリアの騎士」「竜奏騎士の世話係」,キリカは「大自然の
歌巫女」「エルフのお嬢様」といったように,それぞれ内容が異なっている。
 そして,物語が進むことで心境に変化が訪れると,新しいパーソナリティを獲得するという
わけだ。


・・・となっていて、戦闘がとにかく楽しいゲームになっているらしく、またパーティーとの
絆を深めるイベントもあったりして、この辺もシャイニングシリーズらしさを感じますね。
完全なRPGというスタイルでPS3で勝負となった本作ですが、ある意味今までの
復活してからのシャイニングでは最高傑作になりそうなので、クリスマス商戦で
売り上げに期待したいですよね。


関連リンク

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment