ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『海外サイト、PS4とXBOXOneにおいて、個人的に『画期的なもの』が薄いスタートを切ったしている海外記事』が掲載中。

海外サイト、PS4とXBOXOneは個人的に『画期的なもの』としてのスタートを切らなかったと指摘している記事が掲載中。XBOXOneはKinectなどがありますが、あまり関心がない模様。






あくまでも個人的な見解とした上で、PS4とXBOXOneは画期的なハード
としてのデビューの意味合いが薄かったとして、今後『Thief』がまずその
最初の1歩となるだろうとしていて、XBOXOneとPS4を比べた場合、PS4
タイトルが特に楽しみが多いとして、またPS4ハードウェアのスペック面も
魅力であり、XBOXOneは『Titanfall』のような作品をいくつ作りだせるのか?
としています。


・・・とPS3の正当アップグレード機というPS4と、メディアハブを目指した
XBOXOneでは方向性が違いますが、マルチゲーが多くなるので、
価値を見出すとすれば、独占IPとなり、それがPS4に魅力を感じると
していますね。PSファミリーメーカーがどこまでやってのけるのか?
また、XBOXブランドで出る独占IPがどれだけあるのか?という
比較になりますね。


関連リンク

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

乙  

本当に画期的なものが無いと新ハードを買う理由に成らないのなら任天堂と全く同じ洗脳に掛かってるんじゃないのかな。

PCを買い換える時期と買い替えた時のその効果を考えてみればわかる事だ。

2014/03/06 (Thu) 22:35 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

ゲーム機、はスペック表を眺めて楽しめる物じゃないですし

2014/03/07 (Fri) 07:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment