ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『3DSにおいて、60フレーム化かして3D立体視に対応する事について、海外デベロッパーがコメントしている記事』が掲載中。

3DSにおいて、60フレーム化して3D立体視に対応する事について、海外デベロッパーがコメントしている記事が掲載中。RAMがわずか6MBしかないとしていて、そのスペック面を指摘しているもの。







スクリーンがあまりにも小さいため、グラフィックの用のメモリーが6MBしか
用意されておらず、オプションも制限されたハード構成になっており、150MB
以上のグラフィックテクスチャーを私たちは使っているとした上で、3DSは
プログラムで最適化されたCPUではなく、3DSで60フレームを実現させる
ためには、限られた資源を選別しながら行っていくとしていて、また、PSVITA
は、よりwiiに近い存在だとしています。


・・・と小さなスクリーンだから6MBという数字にえって思うんですが、それで
大丈夫なんですねぇ。他のメーカーがきちんと結果を残しているので、
開発環境的には大丈夫なんでしょうが、DSよりは強化されていますし
任天堂の設定基準が間違ってない事を示せている感じはしますね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

やる気がなければどんなハードでもダメだし頑張れば厄介なハードでも使いこなせる
まあやる気次第でしょうね

2014/02/26 (Wed) 18:36 | EDIT | REPLY |   

乙  

3DSはそういうゲーム機じゃないだろ!!

それにPSVITAとWiiって全く比べる意味も形体もユーザーも違いすぎるのに意味ないって。むちゃくちゃすぎるゾw

2014/02/26 (Wed) 19:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment