ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『wiiU『スーパーマリオ3Dワールド』北米では2日間で24万本の売れ行きと示す海外記事』が掲載中。

wiiU『スーパーマリオ3Dワールド』北米では2日間で24万本の売れ行きと示す海外記事が掲載中。やっぱり微妙なスタートとなっていて、wiiUの象徴といえそうな現状になってますよね。






http://nintendoenthusiast.com/news/super-mario-3d-world-apparently-sold-200k-us-two-days-market/

スーパーマリオ3Dワールドは2日間で北米において24万192本販売したと報告、
しかし、XBOXOneのCODゴーストが49万本売れ、好調なスタートとはいえないだろう
としています。


・・・と天下のマリオが24万本とは非常にさびしい数字。wiiの頃はぜんぜんロケットスタートを
切っていたのに、この違いはやっぱりwiiUを買うという気がないゲーマーやカジュアルゲーマーも
いるんでしょうねぇ。値下げもされましたし、この結果はクリスマスまで持ち越しますが
どうなるやら・・・


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

単純スペックアップと面白設計はハードにおいて交互の方が良いね

Wii、WiiUと続けて面白設計にしてしまってはたぶんもう成功はないわ
複数ハードを買う余裕はもう世界にはないからPS4、Xone買われたら終わりか

でも次のハードのときに互換機能を考えなくて良くなりそうなのは結構良い
Wiiのおかげで普通のコントローラじゃない設計を強いられただけにね

そして64、Cubeとかのときみたいに
ハードがイマイチのときに出るソフトに良いのが多いという(笑)

2013/12/06 (Fri) 17:14 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

マリオの評判はミーバースを見る限り相当いい反応なので
プレイされている方は堪能していると思いますね。
それでもまさかの不発となってしまっているので
今後の舵取りが難しくなってしまいましたね。
マリオカートとスマブラはさすがに鉄板なので
そこで普及度は一定度進みそうですが・・・

2013/12/06 (Fri) 21:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment