スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カプコン稲船氏「wiiの原動力にはインターネットの存在がある」と語っている記事が掲載中。




カプコンで同じみの稲船氏が今後のゲームのあり方を説いている記事が掲載中。音楽もいまや
ネット配信、インターネットなくして生活がなりたたない時代ではあるんだけど。~以下続きで。






~ソース記事。
http://gonintendo.com/?p=74531

wiiとPS3のようなハードウェア原動力になっているのはインターネット接続にある。
今やオンラインは明白な手段で私たちはパッケージ販売を再考する必要があるかもしれない。

もちろん当分の間は今までどおりのコンソール市場だが1年~2年後には私たちは
ゲーム市場の状態を考えなければならないだろう。

しかし私たちは長期的な視野で事態を見ている。会社と開発にとってそれはすごく重要だ。
そしてその役割をはたすのが私であると信じている。


・・・と抜粋。インターネットダウンロードが当たり前の世の中になってIフォンのように
何でもかんでもネットから購入する時代になるかもしれいないという趣旨が見えますね。

ただもっとも保守的な任天堂なんかは最後の最後までパッケージ販売を残しそうだけどね。
小売店は将来的にはもっとつらい時代がくるのかもしれないね。

PSNやXBOXライブで積極的にソフトを排出して成功しているカプコンだけに当面は
人気作品の復活超リメイクに期待したいね。ウワサだったストライダー飛流続報がないねぇ~

| [ゲーム]任天堂関連記事 | 14時24分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

任天堂に限らず、パッケージ販売は残っていくと思いますね。
遠い将来はわかりませんが、向こう数年くらいはと。
色んな業界でダウンロード販売が多くなってきているのは事実にしても、今はパッケージ販売の方が多いですし、向こう数年で激変するとは思えません。インターネット環境の整備は当然ですが、整ってもカタチの無い物を買う不安を消し去るのはかなり困難かと。
音楽なんかですと、ダウンロードで買った歌をCDで買いなおす割合も高いと聞きます(ゲームと音楽を一緒に考えてはいけないでしょうが)

ちなみに、通販の割合が上がってるのも確かですから、今までの小売店さんが辛くなっていくのは変わらないでしょうね。
もちろん、規模の小さいゲーム等がDLに移行していくのが急激に進むのはあるかもしれませんね。

| ヨッシー | 2009/03/05 21:28 | URL | ≫ EDIT

今日本では携帯ゲーム機が主流になっているように
時代と共にゲームのあり方が変わっていくかもしれませんね。
それがダウンロードとの関連性があるかは微妙ですけど・・・

小売店さんは将来は厳しくなるでしょうねぇ~
GEOなんかもCDセールスも激減してしまっているし
ネット宅配が普及したらテンポがいらなくなるかも・・・

| marukomu | 2009/03/06 08:51 | URL | ≫ EDIT

スポンサードリンク


 















非公開コメント

http://gamecolumn.blog17.fc2.com/tb.php/2224-1f8361a4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT