ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『ファミコンディスクシステムで発売され80万枚の大ヒット『アイスホッケー』はマリオキャラクターで続編が検討されていたらしい』海外記事。

ファミコンディスクシステムで発売されて80万枚もの大ヒットを記録した隠れた名作『アイスホッケー』ですがマリオのキャラクターにして続編を作る話が進行していたらしいという海外記事が掲載中。対戦が特に面白く仕上がっていてVCにうってつけの1本ですよ。おすすめ。






http://www.modojo.com/features/nintendos_hideki_konno_on_mario_kart_ice_hockey_and_the_possible_return_of_wart/

『あなたも、NESのためにアイス・ホッケーに取り組みました。任天堂の誰かが、マリオ
キャラクターで続編を作成することについて話していましたか?』という問いに

『はい、それは絶対に制作できたであろう作品の1つです。しかし、私はそのようなプロジェクトと
密接に関係していなければなりません。あなたは、そのゲームにおいて、3つの異なった
体型があるのを思い出すかもしれません。大きい人、通常の人とやせっぽちの人。多くの
ゲームプレー・アイデアは、あなたがしていた異なる体型キャラクターから出てきました。
我々は異なるキャラクターによるセットを適用する方法について考えなければならなくて、
ゲームプレー・アイデアがそれらの違いから来るかについて見なければなりません。』
としています。



・・・と体系がゲームの鍵を握っていたということで作れなかったというのが真相のよう。
コナミからも同名の『アイスホッケー』がありますが任天堂のほうが断然面白いものに
なっていたらしいですね。今ならVCでDLできますしレトロ感覚でプレイしてもいいかと思いますね。


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment