ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

任天堂岩田氏「社員に危機感を持たせたい」発言記事。




あの世界のトヨタですら赤字転落の今、任天堂の好調さはある意味驚異的ともいえるのですが
今年の抱負を社長の岩田氏がインタビューを受けている記事。~以下続きで。





~ソース記事。

http://osaka.yomiuri.co.jp/eco_news/20090107ke02.htm


節約のため、派手な旅行や外食を控えてゲームを楽しむ人が増えたようだ。
据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)」や携帯型「ニンテンドーDS」の売れ行きは、
今のところ期待以上だ。

DSの後継機「ニンテンドーDSi」は昨年11月の発売から1か月で、
50万台の販売目標を達成した。カメラなどの新機能に加え、
インターネットを通じて本体内にソフトを取り込める。家族それぞれが好みのソフトを入れた
自分専用のDSiで、「一家に1台」から「1人に1台」の流れを作りたい。

よく「DSは飽和状態」と言われるが、まだまだだ。人口が約1億2700万人の日本で
累計販売台数は2300万台を突破した。米国の人口は3億人余り、
欧州連合は4億9000万人以上なので、人口規模を考えれば海外で伸びる余地がある。

今、ゲームの普及が遅かった欧州でゲーム人口が拡大中だ。ドイツでは書店が
「任天堂コーナー」を設け、Wii向けソフトが数多く売れた。ロシアやインドなど
新興国市場にも力を入れたい。

2009年もゲーム市場は堅調だろう。ただ、今回の景気後退は50年、100年に1度の事態だ。
市場動向を注視する必要がある。任天堂の好調時しか知らない社員が増えている。
社内に危機感を持たせたい。


・・・とのことで市場開拓(米国とロシアなど と景気の影響も考慮に入れなければならないと発言。
今までは「ゲームビジネスは不況に強い」としていた発言のトーンを落とした感じ。

欧州も景気後退で大変な事態な中で質素倹約な方向が明確になっているから
よりwiiやDSが好まれる傾向は強まるでしょうね。

米国発の不況はもはや国際問題だから任天堂の力だけではどうにもならないからね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

2 Comments

tapioka  

ちょw
なんですかこの画像w
甘いマスク・・といっていいのでしょうか。

2009/01/07 (Wed) 23:02 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

なかなかプレジデント岩田氏のオーラが感いいかなとw

2009/01/07 (Wed) 23:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment