ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS3本体の研究開発費用は10億ドルかかったと指摘されていた中で、PS4は同じ過ちを繰り返さないだろうという(リライト記事)



PS3本体の研究開発費用は10億ドルかかったと指摘されていた中で、PS4は同じ過ちを繰り返さないだろうという(リライト記事)久多良木氏の実質的な引退を招いたCELLが原因でしたが、PS4はそういう間違いをしませんでしたね。


『確かに、SCEには問題があります。PSVITAの差し迫ったスタートが、少なくともその初期にあります。そして、このまさにその瞬間、SCEは疑う余地なくプレイステーション3の後継者に向かって研究開発資金の膨大な額をかけているでしょう。しかし、それがPS3のように惜しまず与えたよりは控えめであると期待します。』

『PS3コスト、それが『久多良木』氏の実質的引退に至ったほど非常に設計したことを忘れないでください。単独で『Cellプロセッサー』を設計することに、同社はほぼ10億ドルを惜しまず与えました。』


関連リンク(リンク切れ)


PS3はとても難解で、使いこなせばXBOX360よりもパフォーマンスが上がるというものでしたが、ほとんどのメーカーが使いこなせず、一部のソニーのファーストクラスしか無理でしたね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

3 Comments

ゲーム情報さん  

PS3・360と同時期に、酷い逆ざやにならず25000円で発売出来るGCの後継機って、マルチタイトルからはずされない性能に出来たのでしょうか?

2012/02/09 (Thu) 19:51 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

wiiのスペックの低さでなければ不可能でしょうねぇ。
HD機としての能力を得ていたのであればもっと高い&
本体はでかい&24時間つけっぱなしというコンセプトも崩壊。
PS3は良くも悪くもゲーマーハードですね。

2012/02/09 (Thu) 20:00 | EDIT | REPLY |   

名無しさん@ニュース2ちゃん  

過去のPS3の赤字によってSCEが独立性を失ってしまった今となっては開発費もやりたい放題とはいかないですよねぇ。
ただ、今現在は一番稼いでいるであろうPS3の後継機を急いでだすとも思えませんが。

2012/02/09 (Thu) 21:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment