ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

スクウェア・エニックスの北瀬氏がいつかファイナルファンタジー5のリメイクを手掛けたいと述べる

スクウェア・エニックスの北瀬氏がいつかファイナルファンタジー5のリメイクを手掛けたいと述べていて、それがいつどんなタイミングで起こるのかというものであって、今はFF7 にかかりっきりですからね。...

ビデオゲームによる暴力的なゲームが現実の暴力を助長させているという指摘に根拠が乏しいと説明

ビデオゲームによる暴力的なゲームが現実の暴力を助長させているという指摘に根拠が乏しいと説明していて、それを指摘している記事になっており、バイオレンスなゲームはレーティングが厳格に守られていますし、その辺もどうかといえそう。...

インテルのテクのロジーがAMDに後れを取り、少なくとも2021年までには追い付かない可能性を示唆

インテルのテクのロジーがAMDに後れを取り、少なくとも2021年までには追い付かない可能性を示唆させていて、それだけAMDが躍進しており、その辺を踏まえて市場がどういう形成をしていくのかというところですね。...

スーパーマリオブラザーズ2を無理やりカセットに移植、制作したのはやはり中華製

スーパーマリオブラザーズ2を無理やりカセットに移植、制作したのはやはり中華製だったとしていて、その巨大なファミコンカセットを分解してみているので、興味のある人はチェックしたいですね。...

元セガ、スクウェア・エニックスで優れたゲームエンジンを構築して脚光を浴びていた橋本氏は今どこにいるのか?(リライト記事)

元セガ、スクウェア・エニックスで優れたゲームエンジンを構築して脚光を浴びていた橋本氏は今どこにいるのか?(リライト記事)すっかり今は見かけなくなりましたが、キャリアは申し分のない人なので、どこかで活躍しているんでしょうね。...

携帯機路線が消滅したSIEに対し、PSVITAは発売前にはグラフィックがPS3レべルであると海外からも好意的に受け取られていたことが伝わる(リライト記事)

携帯機路線が消滅したSIEに対し、PSVITAは発売前にはグラフィックがPS3レべルであると海外からも好意的に受け取られていたことが伝わる(リライト記事)でも結局コアゲーマーは動かず、どの層も積極的な活用があまりなかったですね。...

水口氏とSIE吉田氏がRezを通じて対談を実現、どんな会話を交わしたのか?(リライト記事)

水口氏とSIE吉田氏がRezを通じて対談を実現、どんな会話を交わしたのか?(リライト記事)としていて、PSVRを使ったゲームを展開した中で、その可能性と将来性についてビジョンを共有していたようですね。...

PCゲーム、スマホを扱えるスライド式の携帯ゲーム機が登場!と報じられていた記事(リライト記事)

PCゲーム、スマホを扱えるスライド式の携帯ゲーム機が登場!としていて、当時は3DSが流行っていましたから、こうしたそういうトレンドに乗ったハードが出ていた時代だったことを伺わせますね。...

ブレードランナーのような世界観を実際に触れて楽しめるゲームがニンテンドースイッチに登場!『Cloudpunk』オフィシャルトレーラーが公開!

ブレードランナーのような世界観を実際に触れて楽しめるゲームがニンテンドースイッチに登場!『Cloudpunk』オフィシャルトレーラーが公開!としていて、これは魅惑的な摩天楼の都市を乗り物に乗って移動していますね。...

宮本氏が何故ニンテンドースイッチが大成功を収めているのかを客観的な視点で語る

宮本氏が何故ニンテンドースイッチが大成功を収めているのかを客観的な視点で語っていて、それに伴う背景や、時系列的な現実なども触れており、タイミングがよかったと評していますね。...

スポンサードリンク